2013/11/18

GUTIC MORPHOLOGY終了

a・room企画展 GUTIC MORPHOLOGYは終了しました。
初めてご来廊の方が殆どだったと思いますが、はるばる訪ねてきてくださり、有り難うございました。
今回の展示を活かして、次の展覧会ではさらにパワーアップしたのをお見せしたいと考えています。

2013/11/16

土日で終了

a•roomのGUTIC MORPHOLOGY
この土、日で終了です。
日曜は17時まで。
本日土曜は、16時から山岡在廊です。
日曜はおりませんので。

2013/11/14

先週のアーティストトーク

会場満員のお客さんと、よく知られてる知人が来てくれたおかげで、めちゃくちゃ緊張して30分くらいは過呼吸気味になってました。
しかし皆さん温かい雰囲気で終始良い反応をいただき、1時間半にオーバーしつつ、なんとか終えることができました。
ありがとうございました。
たくさん抜け落ちての1時間半だったので、今度は2時間くらいで完全版をやりたいと思いました。なんて。。。

 

2013/11/13

日曜までの GUTIC MORPHOLOGY

土曜日4時からも、在廊しています。
その他は会場におれませんが、
ぜひお越し下さいませ。

2013/11/06

絶賛開催中のa・roomグチック

今回は新作映像2点にしぼっていますが、その中に数十体のグチックが現れます。
そして、映像の中で現れては消えていく時間軸上のグチックを、画像として抜き出し、数体の断片をつかって1枚の画面に合成したドローイングが1点。
数点持って行って結局展示は1点にしたので、他のやつはこちらで。

2013/10/04

a・roomへの道のり

11月の個展会場であるa・roomは、ナカミチアトリエという壬生組合町の半レトロなビルの3階です。


京都の(四条)大宮駅から西にちょっと、壬生川通り(ローソン、シミズ四条大宮クリニック、なか卯の交差点)で左折して、まっすぐ南下、セブン-イレブン越えてしばらく歩くとすぐです。



嵐電四条大宮駅のほうから四条通りを西にすこし。
ここで左折。
右手(北側)にローソンがあります。


嵐電の踏切を越えるとすぐにセブンイレブン(セブンコーヒー旨い!)を素通りしてまっすぐ。

高辻通りを越えて、右手にJACKという服屋さんが見えたらあと数歩

クイッっと、少しズレたように曲がってる道の手前です。


ビル1階は服と雑貨屋さん。
横ちょのガレージから進入しますが、見えてる階段は使いません。奥にドアがあります。

2013/09/03

GUTIC MORPHOLOGY

グチック形態学

2013年11月5日(火)- 17日(日)13:00-19:00(月曜休廊・最終日17:00まで) 

アーティストトーク【 GUTIC STUDY 】
11月9日(土)17:00-18:00

会場 : a・room京都市中京区壬生相合町13-15 ナカミチアトリエ303
tel.075-468-1649(アートクリック内)




a・room
京都市中京区壬生相合町13-15 ナカミチアトリエ303
tel.075-468-1649(アートクリック内)

大きな地図で見る

2013/08/14

高尾小フェスダイジェスト

土曜日搬入、
日曜日フェス当日。
月曜日撤去作業で、炎天下のもと山道を歩きまわったり
ゆでダコのようになってました。

24時間、描いたり消したりを繰り返すドローイングを12分に圧縮した映像。

壁に元からあった額縁に合わせて描いたタブロー。

参加型ドローイングコーナーにて。
奔放に描く子供ちゃんと、何度も吟味しながら丹念に仕上げていかれる林嘉一さんの図

40枚準備した用紙が1日でなくなりました。


小学校校舎の入り口には木内さんの顔はめカキワリ。

長谷川一郎さんの、幅4メートルくらいある超大作といえなくもない絵画。(撮影:水垣尚)


しまだそうさんは、こういう仕事も本道といえるレベル。

水垣尚&岡本和喜さんの菓子箱デコトラクターに載る木内貴志さんの図

小学校から離れた倉庫で、冬耳さんの幻想的なインスタレーション。

パロディが徹底しすぎてもはやリアリズムとも言える高須健市さんの作品は、
今回南山城村とすばらしく融合したものでした。
ご本人がネットなどでの顔出しNGなので、引きの写真で。
この風景の中に、高須さんの作品が写っています。






2013/08/01

日用品が撮影機材

もうちっと大きな画面を撮影するため、アームではカメラを支えきれないのでツッパリ棒を活用。
天井が低く、この高さでも50号程度がギリです。

2013/07/26

高尾小フェス

8/11(日)。
送迎バスも出ます。
お車でご来場の場合は、サイトのアクセス情報で要チェックです。
万能の携帯ナビを当てにしていると、田舎過ぎて携帯の電波が届いてないという落とし穴があります。

2013/07/22

描いて消しての24時間

ユポ紙が強くて、
描いたり消したりを8万6400秒繰り返してもこの状態。
今回は延々とやってます。
記録された中身は高尾小フェスでどうぞ。

ART NAGOYAには、
消さずに額装した新作ドローイングと、
昨年出さなかったドローイング映像DVDを出品予定。
が、スペースの都合でどちらかになるかもです。

2013/07/11

ART NAGOYA 2013 & 高尾小フェス


8/10(土),11(日)
大阪、京都のアートフェアを横目に、アート名古屋デビューです。
来年個展予定のギャラリー・ハシモト(東京)から出して頂きます。
詳細はまた改めて。。。

8/11(日)は、Gallery Den mymのある南山城村で高尾小フェスにも参加します。
これも詳細は改めて。。。



2013/07/07

現在1706コマ

30秒に1コマ撮影なので、
1706/2=853分
853/60=14.21時間
=14時間13分

結構長いこと描いたり消したりしてる気がするのだけど、
一面に並べてみると、こんなもんかーという印象です。

2013/06/19

バッドデザイン賞

つまむところが丸いので、力を入れるとツルーンて滑って飛んでいくのです。
壁と洗濯機のスキマとかに。
バッドデザイン賞あげたい一品です。

2013/05/30

自宅アトリエ


引越し後、あれこれと部材を買って、自宅アトリエ(らしきもの)を作っていました。
数年で引越しをするのは決まっているため、原状復帰が簡単にできるように工夫するので手間と時間がかかりました。
壁側は鉄筋の太いハリが通っているので、壁の高さを優先して上が出っ張った状態にならないように手前にツラを合わせると、前に出た分せまくなってしまいました。
ただでさえ狭いのに、壁の裏のスペースがもったいない。。。

現状の少ない資金で、耐震など大丈夫な自宅でアトリエを、となると、
広さが犠牲になってしまいます。

現在はびっしりと板を貼って白く塗って壁は完成していますが、
制作中の作品が大きく写り込んでいるので、途中経過の画像を。

2013/04/01

Gメリ終了

GUTIC MERISUTEM
終了しました。
気にかけて頂いた皆様、ご高覧頂いた皆様に感謝致します。
ありがとうございました。






撮影すべて:草木貴照

2013/03/21

Gメリ在廊情報

(直前に変更する場合もあります。ご了承下さい)
30土◯終日在廊
31日◯終日在廊(6時終了)


2013/03/19

搬入、展示作業も完了


大作を学校から運び出して搬入し、


翌日月曜に一日がかりで展示作業。
とはいってもおなじみハイパー助手のT君とディレクター宮下さんの手で着々と作業が進められ、私はオロオロウロウロするだけで、いつのまにか立派な展示空間が仕上がりました。


 こちらはプロジェクタ固定のための天井取り付け装置をテキパキと構築されるギャラリーディレクターM氏。

3月19日火曜日から3月31日の月末(年度末!)まで。
月曜休廊です。
さっそく木内貴志さんのブログで紹介して頂いてます。
Gメリって、流行るかしら。。。


2013/03/01

Wind up ART KYOTO収録


収録終えました。
直前のこのときが緊張ピークでしたが、木内さんの器用な掛け合いに助けられて楽しくあっという間に終わりました。
リスナーの方々に楽しく聞いてもらえるかどうかがアレですが。。。
話したいことの一割くらいしか時間がなくて、あと一時間くらい欲しいところでした。

3/7(木)放送も終了。

聞き逃された方は、著作権のなんやかんやで歌が抜けたアーカイブで。


あと、訂正が一つ。。。

3月の個展にディレクションを入れた理由で、「作家が見せたいものと観客が見たいものにズレがあるから」というようなことを言ってますが、それだとなんか、見る側の求めることをするため、というふうに聞こえるかもです。
本来はそういう意味ではなく、「作家が展覧会でやりたがることと、本当に見せたいこと、ちゃんと伝わることにズレがある」といえば良かったなーと。
まあこれは、先走って空回りしがちな私にかぎってのことです。

2013/02/27

Wind up ART KYOTO


木内貴志さんパーソナリティ「Wind up ART KYOTO」3月のゲストに呼んでいただきました。
http://kyotokorekara.jp/about/

28日、収録にいってまいります。

放送は3/7(木)ですが、電波では京都市街でしか聴けないので、
翌日以降のアーカイブでどうぞ。

と思ってたら、
ラジオカフェのサイトでライブストリーミング聴けるではないですか。。。
http://live.ptw.cc/

といっても、
「Wind up ART KYOTO」に関しては、録音放送を放送日時に聴けるというだけで翌日からアーカイブで聴けますけれど。

というか、「聴ける」なんていうほど、聴きたいようなものになるのかいな。。。
とは言わずにがんばります。

2013/02/26

グチック・メリステム

フライヤーが出来てきたそうなので、
トビラのデザインを画面表示用に組み替えて出させてもらいます。

今回は、展覧会ディレクター宮下さんとギャラリーディレクター正木さんのバトン渡しがうまくいって、山岡一人では思いもつかないようなのを作っていただきました。

あとは展覧会の内容がすべて。。。



2013/02/08

3月、年度末の展覧会


ブログ更新が滞っており、身内から生きてるかメールを頂いたりしていますが、
高校中学の授業と展覧会に向けての制作で忙しく生きております。
3月、年度末の2週間、京都で展覧会があります。
----------------------------------------------------------
GUTIC MERISTEM
山岡敏明|グチック・メリステム

Gallery PARC

2013 3/19 | tue | --- 3/31 | sun | 
11:00 am - 7:00 pm (月曜休廊 最終日6:00 pmまで)

展覧会ディレクション:宮下 忠也

〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル
[ル・グランマーブル カフェ クラッセ]2階

Tel/Fax: 075-231-0706
http://www.galleryparc.com
E-mail: info@galleryparc.com


----------------------------------------------------------