2012/12/29

トランスフォーム最終形のグチック

ストリートギャラリー、搬出してきました。
最終の形態は、一つ前から大きくは変わらず、完全体になったという感じでした。
本来ならば、これくらいの変化を毎日連続してお見せするのが妥当だったと思いますが、それは今回は無理でした。
また映像とかでできるかしらと思います。


2012/12/25

トランスフォーム2(3代目のカタチ)

月曜に4代目に作り替えてきたので、
それまで生えてたヤツの画像をアップします。


2012/12/20

トランスフォームその1

水曜日に「その2」に変えてきたので、もうこの世に残っていない「その1」を公開します。




現在は、この次の形が壁から生えています。
次のトランスフォームは日曜日の昼というのは訂正して、
月曜日の昼になりました。


2012/12/10

GUTIC STUDY X vol.2 in STREET GALLERY

会期中、壁から生えているグチックのカタチを探して制作しつづけます。
(カレンダーの制作予定は直前に変更される場合があります)
12/10 | mon | --- 12/27 | thu |   9:00-21:00
http://www.gutic.com/artwork/gux2/index.html



2012/11/26

アートプログラム青梅 終了しました。

今回出品の好機を与えて頂いた母袋教授、搬入にかかる多くのお手間を頂いた事務局の原田丕氏、村井旬氏、青梅市美術館の小山学芸員、ならびに青梅織物工業協同組合の方々、展示に際し、全般のディレクションとインスタレーションコーディネイトから長距離運搬、現地施工の実務までサポート頂いた宮下忠也氏、3日間の我慢強い展示作業に、徹夜で壁塗りまでお付き合い頂いた村田俊氏、一ヶ月にわたり受付で展示のお守りをしていただいた学生さんたち、そして、関西からも都心からも遠い会場まで足を運んで見に来ていただいた皆さんには、感謝してもしきれません。
大変だった、と同時に、青梅でグチック見れてヨカッタなあと少しでも感じて頂けていたら私としては幸いです。
最終版の闇グチック、また場所と機会があれば、現れることもあるかも、という可能性を残して、撤去(これも宮下村田両氏に殆どお任せで)して参ります。
ありがとうございました!















2012/10/26

青梅に降臨した本物(ある意味)

ドローイング展示を撮影したら、窓の向こうのほうに、作った覚えのない立体グチックが。。。


と思ったら、受付の学生さんがブレて写ってただけでした。

2012/10/24

青梅の猫

アートプログラム青梅と何の関わりもなく、理髪店の脇に街角名画が。

2012/10/15

搬入作業終了

搬入3日目は、なぜか携帯からアップできずに今に至ります。
友人作家の村田俊さんのアシストと、アートディレクター宮下忠也さんの展示オーガナイズ&映画美術を手がけてきた設営技術によって、少ない日程でなんとか妥協せず展示が完了しました。
今までとは少し違う、「トリックアート」と「カプーア」の足かせが取れた闇グチックの最終版ができました。



2012/10/14

搬入二日目終了

一度塗りまで完成。
一時間ほど寝て、ギリギリの最終日にねじこみます

2012/10/10

GUTIC Drawing for BOX KI-O-KU

青梅でも、闇黒のインスタレーションと、ドローイングの展示、そしてコラボレーションドローイングのコーナーも設置し、あと、今回初のミニチュアグチックの立体も出します。
ドローイングは18枚、その中の2枚です。




2012/10/05

wks.祭 立体展のグチックの先端

先日のwks.祭/立体展に出品していたものたち。
赤●ついてるのが展示中と後日に売却(予約込み)済みのものです。

ちなみに残っている小さい方は人の鼻くらいの大きさで、1粒 ¥5,000、
大きな方は、ふくらはぎくらいの大きさで、1本 ¥32,000です。
鉄部に磁石でくっつきます。
大きな方は、非鉄の壁用にフックをかける溝もあいています。


数年ぶりのサイトリニューアル

青梅の搬入強行軍が来週に迫る中、時間もないのに発作的に作家サイトのリニューアルを試みています。
肝心の作品ページが、"デザイン統一、非Flash"でまだ作れていないですが、追々、とりかかっていきます。
チラシやDMのデザインと違って、重複作業が多く、おそろしく時間がかかります。

2012/09/27

青梅会場の地図

東青梅から青梅までは、
歩いていく街並みにいろいろあって面白いですが、
この期間はさらに、学生さんたちのパワフルな作品が
街の店舗とコラボしているようです。


大きな地図で見る

2012/09/19

アートプログラム青梅「存在を越えて」


大阪からも東京からも遠いですが、
建物入り口すぐの一室が与えられています。
気合い入れて、闇黒グチックの最終版を出現させてきます。

その前に、
wks.祭 立体展は9月22日(土)までです。
今回は、おさわり可能なグチックの突先(鼻 ?)が、
壁から出てます。
まだの方はぜひに。

2012/08/28

wks.に現れたやつ

wks.祭 立体展が来週9/3から始まっています。
展覧会は22日までです。

さっそく搬入してきましたが、
今回のも良い展覧会になりそうな予感。

ヤツは、今回は電卓ではなく壁から
ニョキニョキとつま先とか鼻とかを出しているようです。
そして、魔法の磁力により冷蔵庫にもくっつく、
いや、冷蔵庫のドアからも生える、
という楽しい仕様。

ゼヒに!





2012/08/17

電卓に現れたやつ

おなじみタカノさんから、
落とした電卓の画面にグチック出現のご報告をいただきました。
私が描いたものより、絵面がカッコエーではないですか。


2012/08/13

夏のパラレルドローイング

どこに出品するあてもなく、7月末から手がけていた9枚組のドローイング(の消し跡)が完成。

繋げると高さが3.3mになりました。

描画の過程をインターバル撮影したものを、映像につなげます。

描いたり消したりで、指紋が消えかけてツルツルしています。


2012/07/31

限定10枚のドローイングDVD



守護天使の方々の多大なるご慈悲に支えられ、
最終的には7枚のご購入をいただきました。
感謝感激です。
9月のwks.祭の立体部門にはまた違うアナログ作品を出しますので、乞うご期待です。

2012/07/27

wks.祭は終了しました。

私の作品だけ映像で、
毎日再生と停止をwks.の片山氏に委ねたままの3週間。
手のかかる展示でおせわになりました。
ご高覧、ご購入頂いた方々も、ありがとうございました。
9月の立体部門にも出品しますので、
またどうぞよろしくお願い致します。

2012/07/01

wks.祭 !!!!!!

4日間ある搬入日の一日目に、早速展示して来ました。
ドローイングのコマ送り再生をモニタで展示しています。
素人目には(玄人目にも?)同じように見えるかも知れませんが、
youtubeにアップしているドローイングとは違うものです。
10枚限定、2500円でドローイング映像のDVDを販売します。

他の作家さんたちも、60名ほどエントリーされていて、
展示即売で、売れた作品からなくなっていくので、
早いうちに行かれるのがよろしいかと存じます。

wks.祭
2012. 7/5 thu. ~ 28 sat.
pm.12 - pm.19(※初日が5日、木曜となります)
※ 土曜・最終日は pm.17 まで / 日曜は休み

搬入期間が終わり、
皆さん力作ぞろいで絶妙の配置になっていました。
いよいよ始まります。
くどいようですが、お早いうちにどうぞ。

2012/06/27

ドローイング試作1

来週から始まるwks.祭に出品、販売するドローイングを制作。

最終版はDVDにしてエディションをつけるので、
それ以外の映像のうち2点を、
「試作」としてyoutubeにアップしました。
http://youtu.be/MXfb4qpa5SU